経歴

北村 裕 医師の略歴         

1984年 日本医科大学医学部卒業

日本医科大学第二外科学教室入局日本医科大学付属病院(東京・千駄木)と第一病院(東京・飯田橋) のほかに以下の病院に派遣 

船医(太平洋)、牧田総合病院(東京・大森)、佼成病院(東京・中野)、総合会津中央病院(福島・会津若松)、町立八丈病院(東京・八丈島)、本郷中央病院(広島・三島)、富士小山病院(静岡・御殿場)

1991-1993年 伊藤病院 (東京・表参道)   外科常勤医:  その後現在まで、伊藤病院 非常勤医として診療を担当 

1994-1996年 米国ワシントン大学 (ミズーリ州、St. Louis) 留学(甲状腺がんの遺伝子異常の研究)

1998-1999年 日本医科大学老人病研究所分子生物部門(神奈川・川崎)(甲状腺がんの遺伝子異常の研究)

2000-2005年 湯河原厚生年金病院外科(神奈川・湯河原) 外科部長  湯河原に甲状腺外来を開設

2006-2009年3月 市立伊東市民病院外科(静岡・伊東)  甲状腺外科部長 伊東に甲状腺外来を開設

2009年~  小田原に甲状腺専門外来を開設 岡宮医院(神奈川・小田原 20092015)、5か所の甲状腺専門外来で診療:  湯河原胃腸病院(湯河原)、伊東市民病院(伊東)、町立八丈病院(八丈島)、伊藤病院(東京)、あやクリニック(小田原 20152017

201710月~ 小田原甲状腺クリニック開設 院長(神奈川・小田原)

伊藤病院、八丈島、伊東、湯河原の甲状腺専門外来も継続

 

 

取得した資格等

医学博士  (凍結保存甲状腺組織の移植に関する研究)

日本外科学会           専門医、指導医

日本内分泌外科学会  内分泌・甲状腺外科専門医、評議員

日本臨床外科学会     評議員

日本消化器外科学会  認定医

 

 

 

 

主な論文など

甲状腺疾患の臨床画像診断おアイソトープ治療を中心に   北村裕、伊藤國彦、三村孝、他   Innervision 7(2): 9-371992

転移性甲状腺腫瘍 内分泌症候群 関連内分泌病を含めて 北村裕、伊藤國彦  別冊日本臨床(上巻):321-3231993

高カルシウム血症を伴った甲状腺癌症例の臨床的検討 北村裕、石川直文、河野通一、他 日本臨床外科医学会雑誌 541701-17051993

甲状腺血管腫の1例 北村裕、三村孝、山下共行、他 内分泌外科 10225-2291993

甲状腺組織片の凍結保存至適凍結条件とRecovery- 北村裕、清水一雄、長浜充二、他 日本外科学会雑誌 9514201994

イメージ診断 北村裕(分担:伊藤國彦編) 甲状腺疾患診療実践マニュアル(文光堂) p1541581994

臨床医のために 内分泌シリーズ第4報: 乳癌検診時に施行する触診による甲状腺疾患Screeningの意義 北村裕、清水一雄、田中茂夫 日本医科大学雑誌 61(6)6386411994

多内分泌腺腫症1型に合併した胸腺カルチノイドの1例 北村裕、清水一雄、長浜充二、他 内分泌外科 12(1)63671995

Two maternally derived missense mutations in the tyrosine kinase domain of the RET protooncogene in a patient with de novo MEN2B. Kitamura Y, Scavarda N, Wells SA Jr, et al. Human Molecular Genetics 4(10): 198719881995

臨床医のために 内分泌シリーズ第6報:甲状腺髄様癌のRET遺伝子異常と臨床応用-遺伝子診断による遺伝性甲状腺髄様癌Screening- 北村裕、清水一雄、田中茂夫 日本医科大学雑誌 63(3)2282321996

頭頚部腫瘍と高カルシウム血症 北村裕、三村孝 CLINICAL CALCIUM 7(4)5022021997

Novel germline RET proto-oncogene mutations associated with medullary thyroid carcinoma (MTC): mutation analysis in Japanese patients with MTC  Kitamura Y, Goodfellow PJ, Shimizu K, et al. Oncogene 14:  3103-3106, 1997

遺伝性甲状腺髄様癌におけるRET遺伝子検索 北村裕、清水一雄、田中茂夫 臨床外科 5211371421997

P53 gene mutation is not associated with tumorigenesis of medullary thyroid carcinoma Kitamura Y, Shimizu K, Ito K, et al. Thyroid Clinical Experiment 10: 171-174, 1998

癌化のメカニズムを解く(横田淳編):癌の遺伝子診断法の進歩 第4章 北村裕、田中茂夫、江見充 イラスト医学&サイエンスシリーズ (羊土社):1041091998

Ret/PTC3 is the most frequent form of gene rearrangement in papillary thyroid carcinomas in Japan Kitamura Y, Minobe K, Nakata T, et al. J Human Genetics 44: 96-102, 1999

甲状腺癌のゲノム異常 北村裕、清水一雄、田中茂夫、他 日本医科大学雑誌 66(5): 319-323, 1999

Immediate causes of death in thyroid carcinoma: Clinicopathological analysis of 161 fatal cases Kitamura Y, Shimizu K, Nagahama M, et al. J Clinical Endocrinology & Metabolism 84: 4043-4049, 1999

特集 甲状腺・上皮小体をめぐって:甲状腺髄様癌 北村裕、清水一雄、田中茂夫 JOHNS 15(6)9179211999

Allelotyping of anaplastic thyroid carcinoma: Frequent allelic losses on 1q, 9p, 11, 17, 19p, and 22q Kitamura Y, Shimizu K, Tanaka S, et al. Genes Chromosomes & Cancer 27: 244-251, 2000

Association of allelic loss on 1q, 4p, 7q, 9p, 9q, and 16q with postoperative death in papillary thyroid carcinoma Kitamura Y, Shimizu K, Tanaka S, et al. Clinical Cancer Research 6: 1819-1825, 2000

Allelotyping of follicular thyroid carcinoma: Frequent losses in chromosome arms 7q, 11p, and 22q Kitamura Y, Shimizu K, Ito K, et al.  J Clinical Endocrinology & Metabolism 86: 4268-4272, 2001

特集 癌遺伝子診断の臨床への応用:甲状腺癌  北村裕、清水一雄  癌の臨床 47(6)4894942001

Chapter 2. Tumours of the thyroid and parathyroid: Follicular carcinoma   Sobrinho Simoes M, Kitamura Y, et al.  WHO Classification of Tumours. Pathology & Genetics: Tumours of Endocrine Organs (Inernational Agency for Research on Cancer press, Lyon): 67-72, 2004

Chapter 2. Tumours of the thyroid and parathyroid: Undifferenciated (anaplastic) carcinoma   Ordones N, Kitamura Y, et al.   WHO Classification of Tumours. Pathology & Genetics: Tumours of Endocrine Organs (Inernational Agency for Research on Cancer press, Lyon): 77-80, 2004